★ランナウェイズ


ランナウェイズがいたことは知っているし、
曲を耳にしたこともあるし、
音楽雑誌に載っていたことも知っている、
ただ、当時はキワモノバンドっていう感じて見ていて
当時はあまり真剣に聞いたことはなかった。

高校生ぐらいだったかな。
ワタクシ多分多感な青少年であり
なんとなくそういうのは、
はなから聞く気がしなくて
ロックの形だけ真似した商業主義のアイドルバンド的な目で見ていた。
でもエロチックな感じがあるから気にならないこともないけど
まあ複雑なありがちな青少年の通を気取りたい心情でした。

平たくいえばランナウェイズなんて聞くのは恥ずかしいと。

あれから何十年も経ってこの映画を見るかどうかで
悩むのだか、困ったことに悩んでいる理由が
青少年だった頃とあまりかわらないなぁと。

つまりややエロっぽい感じもある映画だから
見てみようかなぐらいの気持ちと
久しぶりにその名前聞いたなというのと。

で結局見ました。
それでやっとランナウェイズが
どういうバンドだったのかわかりました。
何十年も誤解したままであることもわかりました。

なんといってもこの映画、
ドキュメンタリー的に作らなかったことが成功してる。
当時の彼女達の息遣いがヒシヒシと感じられる映画でした。

長年に渡りどうもすみませんでした。
反省してます。

アシカラズ


inserted by FC2 system